• 故人の為、企業の為の社葬の行い方 - TOP

社葬を行うために必要な準備についてご紹介!

社葬は自分が企業で働いている間に何度も体験するような事ではありません。ですが、もし社葬を行う事になったら、何を準備すればいいのでしょうか。まずは、取締役会により、議事録が必要になります。その後、各委員会を設置しますが、葬儀実行委員長の下それぞれの役割をこなしていかなければなりません。また、遺族の意向を聞き相談しながら社葬の準備をしなければなりません。今回は社葬を行う為の準備を紹介していきたいと思います。

カテゴリ一覧

社葬についての基礎知識
社葬についての基礎知識

社葬は企業が執り行う葬儀の事をいいます。ご遺族に代わって故人の葬儀を行う訳ですが、その目的はこれからの企業の為とも言えます。社葬は、企業のプレゼンテーションとして行われているのです。社葬の中には「お別れ会」や「合同葬」といったものも含まれています。全てではありませんがこれらの式は法人経費として社葬費用を処理する事が出来ます。しかし社葬とはいえ、香典は一般的に遺族に渡されます。企業が香典を受け取ってしまうと、税金が課される事になってしまうのです。

社葬を行う上でのメリット
社葬を行う上でのメリット

企業の経営者が亡くなると、大きなリスクを企業は背負う事になります。そんな中で社葬を執り行うという事は、とても重要な事でもあります。社葬は今後の企業のあり方について、関係者に示す事が出来るからです。また、規模の大きな葬儀になると、遺族が全ての事をするには限界があるからです。また、社葬は費用の一部を経費に計上する事が出来る為、莫大にかかる葬儀費用を遺族個人で負担する必要がないのです。遺族にとっても、企業にとっても社葬にはメリットがあると言えるのではないでしょうか。

社葬の準備・進行の仕方
社葬の準備・進行の仕方

社葬を行うにあたっての準備とは、どんな事をすればいいのでしょうか?「葬儀委員長」「葬儀委員会」「葬儀実行委員長」「葬儀実行委員会」など様々な委員があり、どの委員がどんな事をするのか一見分からなくなってしまいます。しかし、各委員会ごとに役割があり、社員一丸となって社葬を執り行っていくのです。また、社葬が円滑に進むよう、それぞれが綿密に相談し、葬儀を進行していくのです。大変な準備を乗り越えるからこそ当日の進行がスムーズに行くのではないかと思います。

社葬を行う会場の種類
社葬を行う会場の種類

数ある会場のうち、どの会場を選べばいいのか。いきなり聞かれても分からない事が多いと思います。その中で葬儀社が所有している専門会場があります。葬儀を専門に扱っていますので比較的準備に時間はかかりません。また寺院で葬儀を行う事も出来ます。お別れ会を行う場合には、ホテルやレストランを会場にする事が出来ます。ホテルには規制が多いというデメリットがありますが、企業のプレゼンテーションを行う為には最高の場所とも言えます。

知っておくべき社葬知識

osusume_img_160.jpg 社葬には様々な種類があります。これまでは、親族のみで行われる密葬の後に、本葬つまり社葬を行っていました。しかし現在は。ホテルやレストランを会場にしたパーティー色の強い「お別れ会」や中小企業が個人葬と合同で行う「合同葬」などの種類があります。「お別れ会」も「合同葬」も広い意味で社葬と呼ぶ事が出来ます。 様々な社葬の種類 >>

osusume_img_160.jpg 社葬を滞りなくおこなう為には、葬儀委員会を組織し、細かく係を決めていかねばなりません。葬儀委員会の下には葬儀実行委員会をおき、実行委員長は、各部署から実行委員を選出しなければなりません。実行委員は式場係や進行係、受付係などの人選を行います。葬儀実行委員会は、社葬全ての事柄を把握し、葬儀当日には指示をするための事務局の役割もはたすのです。 葬儀委員会を組織する >>

osusume_img_160.jpg 社葬の規模により選ぶ式場は変わっていきます。葬儀社にお願いし色々な会場を見てみましょう。専門の式場は、比較的道具がそろっていますので、会場の設置は簡単にする事が出来ます。特に社葬の事例が豊富な葬儀社を選ぶことによって、社葬の実行委員立ち上げから,会場選定、社葬の実施に至るまで、滞りなく無事に行うことができます。 専用式場、寺院で社葬を行う >>