他の葬儀との違いは?

社葬は運営を企業が行います。一般の葬儀は葬儀の主催を遺族が執り行い喪主となります。また葬儀の費用負担や、運営の責任者は施主となりますが、喪主と施主が同一である事が多いのです。それに比べ社葬は、喪主を遺族が務め、施主を企業側が務める為、費用の負担は企業が持つ事になります。この場合、企業の代表者が葬儀委員長を務めます。社葬と個人葬を比べてみると、目的に大きな違いが出てきます。個人葬は故人を哀悼し偲ぶ事が目的です。 社葬ももちろん故人を哀悼し、偲びますが故人が企業に対し遺した功績を周りに知ってもらい、今後の企業の体制を発表する場でもあるのです。トップが亡くなった企業は結束力を強く持ち次のトップを関係者に紹介しなければなりません。つまり故人がどれだけ会社に貢献しどんな企業だったか。これからどんな企業になっていくのかを最大限にアピールできるかを目的としているのです。個人葬との大きな違いは、これからの企業の為に行う葬儀と言っても過言ではないのです。もちろん故人が生前お世話になった事を、企業として感謝を表す事も重要とされています。企業として目的を果たす。その為にはしっかりと目的や趣旨を理解し社葬を成功させるのが必要になってきます。
個人葬と比べると社葬の会葬者が多い為、規模の大きな葬儀になります。その為、葬儀費用も多くかかります。個人の葬儀であれば葬儀社にある程度の事を任せてしまっても問題はありません。しかし、社葬は社外的に告知をしたり、社葬実行委員会を設置し自分達が葬儀の運営をしなくてはなりません。また会葬者が多くいますので、しっかり対応しなければいけません。そういった対応をする為には、専門的な知識が必要となるのです。取締役会等により社葬が決定すると、限られた時間で全ての事をこなさなければなりません。税務上の手続き、会場、取引先への連絡など様々な準備をしなければいけない為、社員が一丸となり社葬を運営していくのです。

知っておくべき社葬知識

osusume_img_160.jpg 社葬には様々な種類があります。これまでは、親族のみで行われる密葬の後に、本葬つまり社葬を行っていました。しかし現在は。ホテルやレストランを会場にしたパーティー色の強い「お別れ会」や中小企業が個人葬と合同で行う「合同葬」などの種類があります。「お別れ会」も「合同葬」も広い意味で社葬と呼ぶ事が出来ます。 様々な社葬の種類 >>

osusume_img_160.jpg 社葬を滞りなくおこなう為には、葬儀委員会を組織し、細かく係を決めていかねばなりません。葬儀委員会の下には葬儀実行委員会をおき、実行委員長は、各部署から実行委員を選出しなければなりません。実行委員は式場係や進行係、受付係などの人選を行います。葬儀実行委員会は、社葬全ての事柄を把握し、葬儀当日には指示をするための事務局の役割もはたすのです。 葬儀委員会を組織する >>

osusume_img_160.jpg 社葬の規模により選ぶ式場は変わっていきます。葬儀社にお願いし色々な会場を見てみましょう。専門の式場は、比較的道具がそろっていますので、会場の設置は簡単にする事が出来ます。特に社葬の事例が豊富な葬儀社を選ぶことによって、社葬の実行委員立ち上げから,会場選定、社葬の実施に至るまで、滞りなく無事に行うことができます。 専用式場、寺院で社葬を行う >>