様々な社葬の種類

社葬とは元々個人の密葬の後に行われる本葬として執り行われていました。しかし最近では企業をアピールするための儀式になってきました。一般の葬儀のように、宗教や儀式を感じさせない。そんな葬儀になっているようです。葬儀式というよりも、企業アピールを重視した告別式の為、会場にホテルを選び、「お別れ会」といったパーティーのような社葬が増えて来ています。また、最近は不況により大企業が社葬の経費を抑えるようになってきました。今までは社葬をしていなかった中小企業が、経済的な個人葬と社葬を合同で行う「合同葬」をとする傾向があります。これらもすべて社葬ではありますが、三つの葬儀の違いを説明したいと思います。

社葬
個人葬を密葬で行った後2~4週間後に企業が主催し行われる本葬の事を社葬と言います。本葬では僧侶が読経する葬儀式。一般会葬者が会葬する告別式。の二つで構成されています。社葬は基本的に宗教儀式を尊重しています。したがって、本葬として故人を送る為の儀礼を主としているのです。

お別れ会
お別れ会はご家族やご親族、故人の関係者や友人などが集まってセレモニーを行う事です。会場に、ホテルやレストランを選ぶ事が多く、葬儀と比べて自由にやわらかな雰囲気でお別れする事が出来ます。お別れ会は、形式にとらわれず、故人や遺族の想うお別れをする事が出来ます。また、会場の選択肢が幅広く時間をかけてゆっくりとお別れする事が出来るのです。また、集まってくださった方たちへ心をこめて対応できるのがお別れ会なのです。

合同葬
合同葬は社葬やお別れ会と違い、企業と遺族が合同で葬儀を行う事です。ご遺体を火葬するまでの全てに関して行うのが合同葬の特徴です。合同葬は故人が亡くなり葬儀までの時間がありません。準備に時間がない為、会社関係者や、個人と親交があった人など全員に注意し運営しなくてはなりません。葬儀費用は、企業と遺族が話し合い決定しますが、火葬料や戒名、法名のお布施は遺族が負担します。

知っておくべき社葬知識

osusume_img_160.jpg 社葬には様々な種類があります。これまでは、親族のみで行われる密葬の後に、本葬つまり社葬を行っていました。しかし現在は。ホテルやレストランを会場にしたパーティー色の強い「お別れ会」や中小企業が個人葬と合同で行う「合同葬」などの種類があります。「お別れ会」も「合同葬」も広い意味で社葬と呼ぶ事が出来ます。 様々な社葬の種類 >>

osusume_img_160.jpg 社葬を滞りなくおこなう為には、葬儀委員会を組織し、細かく係を決めていかねばなりません。葬儀委員会の下には葬儀実行委員会をおき、実行委員長は、各部署から実行委員を選出しなければなりません。実行委員は式場係や進行係、受付係などの人選を行います。葬儀実行委員会は、社葬全ての事柄を把握し、葬儀当日には指示をするための事務局の役割もはたすのです。 葬儀委員会を組織する >>

osusume_img_160.jpg 社葬の規模により選ぶ式場は変わっていきます。葬儀社にお願いし色々な会場を見てみましょう。専門の式場は、比較的道具がそろっていますので、会場の設置は簡単にする事が出来ます。特に社葬の事例が豊富な葬儀社を選ぶことによって、社葬の実行委員立ち上げから,会場選定、社葬の実施に至るまで、滞りなく無事に行うことができます。 専用式場、寺院で社葬を行う >>