社葬を行う会場の種類

社葬を行うにあたって会場を選ぶという事は、とても重要な事です。参列者の人数、交通手段や駐車場など、色々な角度から会場を調べ選ばなければなりません。葬儀社の持っている葬儀式を行う専門式場や寺院。またお別れ会には通常ホテルやレストランを使います。社葬をどんな式にしたいのか。という事を良く考えなくてはなりません。また遺族ともよく相談し、式場を決めましょう。式場を選ぶ時には、必ず足を運び、自分の目で確かめる事が大切です。

ホテルで社葬を行う

お別れ会を行う時には、ホテルやレストランを選びます。ホテルやレストランは、比較的交通の便が良く、参列者にとっても参加しやすい場所です。またここでも、人数により会場の大きさが重要になってきます。また、ホテルには規制が多く、お経を読む事や焼香が出来ません。遺族の意向を聞きつつ、社葬・お別れ会に合った会場を選ぶ事が重要です。社葬を行う上でのメリット・デメリットについて詳しく説明していきたいと思います。

知っておくべき社葬知識

osusume_img_160.jpg 社葬には様々な種類があります。これまでは、親族のみで行われる密葬の後に、本葬つまり社葬を行っていました。しかし現在は。ホテルやレストランを会場にしたパーティー色の強い「お別れ会」や中小企業が個人葬と合同で行う「合同葬」などの種類があります。「お別れ会」も「合同葬」も広い意味で社葬と呼ぶ事が出来ます。 様々な社葬の種類 >>

osusume_img_160.jpg 社葬を滞りなくおこなう為には、葬儀委員会を組織し、細かく係を決めていかねばなりません。葬儀委員会の下には葬儀実行委員会をおき、実行委員長は、各部署から実行委員を選出しなければなりません。実行委員は式場係や進行係、受付係などの人選を行います。葬儀実行委員会は、社葬全ての事柄を把握し、葬儀当日には指示をするための事務局の役割もはたすのです。 葬儀委員会を組織する >>

osusume_img_160.jpg 社葬の規模により選ぶ式場は変わっていきます。葬儀社にお願いし色々な会場を見てみましょう。専門の式場は、比較的道具がそろっていますので、会場の設置は簡単にする事が出来ます。特に社葬の事例が豊富な葬儀社を選ぶことによって、社葬の実行委員立ち上げから,会場選定、社葬の実施に至るまで、滞りなく無事に行うことができます。 専用式場、寺院で社葬を行う >>