ホテルで社葬を行う

社葬やお別れ会は、専用の会場や寺院で行うだけではありません。ホテルで行う場合もあります。葬儀社で社葬を執り行う場合には、葬儀社。ホテルで行う場合には葬儀社とホテルで社葬やお別れ会の手伝いをしてくれます。
ではホテルで社葬、お別れ会をする上でのメリットは何でしょう。ホテルは交通の便が良く参列者に来て頂くには最適な場所と言えます。また車で来る際、駐車場が広いという点も魅力の一つです。初めて来るという人にとっても場所が分かりやすいという意見もあります。天候にも左右される事はありません。全体的に見るとホテルは環境が良く、参列者も参加しやすいのです。また温かい雰囲気でお別れをする事が出来るのです。しかしホテルにもデメリットがあります。ホテルには規制が多いという点です。まずご遺体を持ちこむ事は出来ません。また宗教色を出す事が出来ませんので、お経や祝詞をなどをあげる事が出来ません。また木魚といった鳴り物や音楽を流す事が出来ません。さらに線香や焼香も禁止されています。専用の式場と違い、他のお客様がいますので、場所も独占する事が出来ません。ホテルでは、必ず飲食をしなければいけない契約になっていますので、料金の負担が大きくなってしまいます。考えてみるとデメリットの方が多いのでは?と思いがちですが、ホテルでお別れ会をするという事は、単なる葬儀ではないという事になります。そもそも社葬を行うという事は、企業の今後の為に社会的にプレゼンテーションをする事でもあるのです。もちろん故人を偲ぶ事も重要ですが、企業の中心となる人を亡くすという事は企業にとってダメージが大きいのではないでしょうか。後継者を披露し今後の方針をしっかりと報告し、関係者にアピールする事が真の目的です。ホテルでお別れ会をすれば、ゆっくりと食事をしてもらいながら取引先などにも挨拶をする事が出来ます。お別れ会を成功させるためには、儀礼よりも接客やおもてなしをメインに考える事が重要と言えるのではないでしょうか。
こういう観点から通常のホテルでは制限があっても、社葬を行えることを売りとしているホテルを探すことで式の準備をスムーズに行うことができます。
例としては以下のようなホテルがあります。
http://www.hotelnikko-fukuoka.com/banquet/farewellparty/

知っておくべき社葬知識

osusume_img_160.jpg 社葬には様々な種類があります。これまでは、親族のみで行われる密葬の後に、本葬つまり社葬を行っていました。しかし現在は。ホテルやレストランを会場にしたパーティー色の強い「お別れ会」や中小企業が個人葬と合同で行う「合同葬」などの種類があります。「お別れ会」も「合同葬」も広い意味で社葬と呼ぶ事が出来ます。 様々な社葬の種類 >>

osusume_img_160.jpg 社葬を滞りなくおこなう為には、葬儀委員会を組織し、細かく係を決めていかねばなりません。葬儀委員会の下には葬儀実行委員会をおき、実行委員長は、各部署から実行委員を選出しなければなりません。実行委員は式場係や進行係、受付係などの人選を行います。葬儀実行委員会は、社葬全ての事柄を把握し、葬儀当日には指示をするための事務局の役割もはたすのです。 葬儀委員会を組織する >>

osusume_img_160.jpg 社葬の規模により選ぶ式場は変わっていきます。葬儀社にお願いし色々な会場を見てみましょう。専門の式場は、比較的道具がそろっていますので、会場の設置は簡単にする事が出来ます。特に社葬の事例が豊富な葬儀社を選ぶことによって、社葬の実行委員立ち上げから,会場選定、社葬の実施に至るまで、滞りなく無事に行うことができます。 専用式場、寺院で社葬を行う >>