葬儀委員会を組織する

社葬を執り行う。その為には組織体制を整えなければいけません。葬儀委員長を決定し、通常は役員をしている人が中心となり葬儀委員会を組織しなければなりません。会社を代表する社長、専務が葬儀委員長となり、社葬の方針を決めます。しかし、社葬の実務を行うのは葬儀委員会の下部組織。つまり葬儀実行委員会となります。葬儀実行委員長は通常役員クラスの職に当たる人が多く、、委員長は社内の各部署の中から実行委員を任命します。実行委員会は、色々な係を決め、その人選、役割分担を決めなければなりません。たとえば、総務担当責任者は社葬の運営、企画を統括、会計の管理も担当します。受付担当責任者は、社葬の受付においての全てを統括します。進行責任者は、社葬の進行や司会を、接待担当責任者は、社葬の接待に関し全ての事を統括していきます。各責任者の下にはさらに係を細かく決め、どんな事に対しても、失礼のないようあたらなければいけません。
また葬儀実行委員長は、式場内外全ての事柄を把握しておく必要があります。また、葬儀当日は指示伝達を各係する事務局の役割にもなります。人選が決定した後は、葬儀委員会の意向を受け、葬儀社や、遺族との打ち合わせを綿密に行います。打ち合わせでは、遺族の意向を確認し、社葬を行う事を伝えます。また葬儀場所と日程を決め、ご遺族の方では何人くらい参列するのか。葬儀費用の負担はどうするのか。(すべての費用を企業が負担する社葬、葬儀の一部を負担する準社葬がある)香典は遺族が受け取るのか、企業が事業所得として受け取るのか、または辞退するのかなど、細かく打ち合わせをし、供花、供物、についても話し合います。
社葬の形式や日時会場が決定した所で、集合方法などを社内へ連絡し、それと同時に、社外からの問い合わせにすぐに対応できるよう体制を整えておく事が重要です。葬儀実行委員長は葬儀社とともに寺院の僧侶とも綿密な打ち合わせをし、社葬が滞りなく進むよう対応していきます。

知っておくべき社葬知識

osusume_img_160.jpg 社葬には様々な種類があります。これまでは、親族のみで行われる密葬の後に、本葬つまり社葬を行っていました。しかし現在は。ホテルやレストランを会場にしたパーティー色の強い「お別れ会」や中小企業が個人葬と合同で行う「合同葬」などの種類があります。「お別れ会」も「合同葬」も広い意味で社葬と呼ぶ事が出来ます。 様々な社葬の種類 >>

osusume_img_160.jpg 社葬を滞りなくおこなう為には、葬儀委員会を組織し、細かく係を決めていかねばなりません。葬儀委員会の下には葬儀実行委員会をおき、実行委員長は、各部署から実行委員を選出しなければなりません。実行委員は式場係や進行係、受付係などの人選を行います。葬儀実行委員会は、社葬全ての事柄を把握し、葬儀当日には指示をするための事務局の役割もはたすのです。 葬儀委員会を組織する >>

osusume_img_160.jpg 社葬の規模により選ぶ式場は変わっていきます。葬儀社にお願いし色々な会場を見てみましょう。専門の式場は、比較的道具がそろっていますので、会場の設置は簡単にする事が出来ます。特に社葬の事例が豊富な葬儀社を選ぶことによって、社葬の実行委員立ち上げから,会場選定、社葬の実施に至るまで、滞りなく無事に行うことができます。 専用式場、寺院で社葬を行う >>